Rossamu++

オールラウンダーになりたいと思っている僕っ娘の何の変哲もないブログ。

C プログラミング入門以前について

12月後半のSapporo.cppの勉強会にて

らぴすさんという方から

「C プログラミング入門以前」

という本をお借りしました。

 

Cプログラミング入門以前

Cプログラミング入門以前

 

 

今後C++をやるにおいて

メモリの中身等についてきちんと

知っておく方が良さげとのこと。

 

というわけでこの本を借りての感想を

つらつら述べていきます。

 

この本なのですが、

C言語入門者向けというよりは、

予めCの予備知識を持っている方向けだと

僕は感じました。

 

基本的に知っている部分は流し読みしつつ

目新しいところはメモや写真を取りつつ…

で進めていったのですが、

目新しいことが多い多い。

ソムノートを使いながらの勉強でしたが、

あっという間に90項目メモしていました。

 

C++を勉強してはいましたが

それはあくまでも文法部分や

機能に関しての話しであって

ハードの中身に関してはカラッポだと

痛感させられましたね…。

 

特に専門用語に関してです。

 

まず最初に「そうだったのか」と驚いたのが

stdio.hの口頭での読み方

ですね…。

 

これ

「スタジオヘッダー」

と呼んでました。

正しくは

スタンダード・アイ・オー・ヘッダー

ですね、はい。

Twitterで流してみると僕のように

スタジオヘッダーと呼んでいた方が

多かったらしく、中々の反響を貰いました。

 

それから新しく蓄えた知識として

「バス」

についてです。

 

・データバス

・アドレスバス

・コントロールバス

 

に関しては初耳でした。

この辺はメモリの図を用いて

丁寧に説明されていたので

とてもわかりやすかったです。

 

その他にもエクスターナル変数、

バイトオーダー、リダイレクト、などなど…。

 

普段見ない言葉が多く、

読んでいてとても楽しかったです。

 

次は3月14日の旭川勉強会に向けて

アルゴリズムの本を勉強頑張るぞい!

 

Nature of Code -Processingではじめる自然現象のシミュレーション-

Nature of Code -Processingではじめる自然現象のシミュレーション-

  • 作者: ダニエル・シフマン,Daniel Shiffman,尼岡利崇,鈴木由美,株式会社Bスプラウト
  • 出版社/メーカー: ボーンデジタル
  • 発売日: 2014/09/16
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る